フライフィッシング,ファミリーキャンプ

フライラインの仕様

フライラインの仕様

 

フライフィッシングで使われるフライラインには、太さ以外にも仕様があります。テーパーデザインや、ウェットフライ用では沈下速度などによって記載が変わってきます。

 

まず、テーパー形状では、DTはダブルテーパーと呼ばれ、フライライン全体のテーパーが左右対称になっているものを指します。テーパーのない太い中間部が長いので、ロールキャストやメンディングを楽に行うことができます。超遠投には不向きです。

 

しかし、使っていくうちに先端部が痛んできた場合に反転させて使用することが可能です。ハーフという、フライラインを中心でカットして使用するなど、コスト面ではとても優位です。一方、超小型リールでは、ハーフにしないとラインが収まらないものもあるようです。

 

WFは、ウェイトフォワードと呼ばれる、フライラインの基本的な仕様です。テーパーが左右非対称で、一方が太く、一方が細い形状になっているため、遠投に向いています。使用する時は、太い側を飛ばす側として使用します。

 

また、STは、シューティングテーパー、またはシューティングヘッドと呼ばれているもので、WFラインから細い側を取り除いた形状のことです。ライン後端にモノフィラメントなどの細いラインを接続して使う、超遠投用のラインです。