フライフィッシング,ファミリーキャンプ

ロッド、リール、フライラインのサイズ

ロッド、リール、フライラインのサイズ

 

フライフィッシングにおいて、ロッド、リール、フライラインのサイズは、いずれも○番、#○と呼ばれています。この2つは、呼び方が違っていても、意味は同じことです。

 

ロッド、リール、フライラインのサイズは、数字が大きくなればなるほど大型になります。小さいものだと、#0やメーカーによっては#000というものもあり、最大では、#15まであって、さらに大きい番手もある可能性もあります。

 

例えばまず、1以下だと、藪沢や渓流などの近距離で無風のフィールドです。小型のヤマメなどがメインになります。2〜4だと、渓流での近中距離です。ヤマメ、イワナなどのサケ科がメインです。

 

また、4〜6だと、中・大河川や湖での中遠距離です。ニジマスなどの、比較的大型な魚種がメインになります。6〜8だと、湖での中遠距離。大型のニジマス、ブラウントラウト、アメマスなどがメインです。

 

さらに、8〜10だと、サーモンやソルトウォーターでのシーバスなど、大型魚がメインです。10〜15だと、シイラ、カツオ、ツナなどの超大型魚がメインになってきます。

 

これらは、人によって当てはまらない場合があります。一方、ブラックバス狙いのフライフィッシングはバスフライと呼ばれ、タックル番数は6〜8番あたりが多いようです。