フライフィッシング,ファミリーキャンプ

タックルの重要性

タックルの重要性

 

フライフィッシングを行うのに必要なものは、タックルと呼ばれています。最低限の道具ということです。ロッド、リール、フライライン、フライラインの先に付ける糸のリーダー、そして毛鉤のフライです。

 

ほかにも必要なタックルや道具として、リーダーの先につける糸のティペット、フライやリーダー、フライラインを浮かせるための塗布剤にあたるフロータント、フライボックスなどを入れる上着といった、移動することが多いフライフィッシングにおいて必須ともいえるフィッシングベスト類、そして、ウェーダーという胴長、胴付きともいわれるものがあればベストです。

 

また、バランス・タックル、という言葉があります。ロッド、リール、ラインの組み合わせ方のことです。バランス・フライフィッシングを始めるには、ロッド、リール、フライラインなどのタックルを選ばなければいけませんが、タックルのバランスが狂っていると、快適なフライフィッシングを楽しむことができません。決まった組み合わせは厳密にはありませんが、おおよそ対象魚や状況を想定し、バランスのとれたタックルを選ぶ必要があります。

 

例えば、渓流でヤマメやイワナを釣りたい、渓流タイプの管理釣り場でヤマメやイワナを釣りたい、湖タイプの管理釣り場でヤマメやイワナを釣りたいと言っても、対象魚が同じでも状況が違うと、組み合わせも異なってきます。