フライフィッシング,ファミリーキャンプ

フライフィッシングの種類

フライフィッシングの種類

 

フライフィッシングには、釣り人が使うフライに応じて、大きく2つに分けられます。ドライフライフィッシングと、ウェットフライフィッシングです。

 

まず、ドライフライフィッシングというのは、水面に浮かせたフライを使った釣りの方法です。一方、ウェットフライフィッシングとは、フライを水中に沈めて使用する釣り方のことを指します。

 

しかし、このウェットフライフィッシングは、水中にフライを沈める釣り方ではあるものの、ニンフと呼ばれるフライを使用する場合、一般的にウェットフライフィッシングと呼ばず、ニンフフィッシングといわれています。

 

フライフィッシングの主なターゲットは、サケ科の魚です。サケ科の魚が生息できる河川、湖沼などで、フライフィッシングが行われる場合が多いです。また最近、管理池や海でも、フライフィッシングを楽しむ動きがあるようです。

 

一方、日本古来の毛針を使う釣りがあります。てんから釣りです。フライフィッシングと同じようにも見えますが、似て非なる物です。てんから釣りは、水面を打ち返しながら魚を誘います。その対象魚は、ヤマメ、イワナなどのマス類になるのも、フライフィッシングとは異なる点だといえます。