フライフィッシング,ファミリーキャンプ

ファミリーキャンプで使う寝具

ファミリーキャンプで使う寝具

 

 ファミリーキャンプの寝具といえば、寝袋、シュラフ、スリーピングバッグをイメージするでしょう。しかし、キャンプに必ず寝袋が必要かというと、全然そうではなく、夏に暖かい場所で、もしクルマにスペースがあれば、家で使っている毛布を持って行ってもOKです。ただ、寝袋はコンパクトに収納できて、素材によって保温性にとても優れています。

 

 まず、夏用の寝袋は、子供用の夏布団と同じような感じで、保温性はあまりありませんが、価格はとても安いです。一方、標準的な3シーズン用は冬以外の季節に万能で使えます。それなりの保温性を持ち、価格は1万円程度から高価なものまでさまざまな種類があります。

 

また、寝袋には大きく2つのタイプがあります。マミー型と封筒型です。マミーは「ミイラ」のことで、みの虫型ともいい、コンパクトに収納できるものの、寝る時にやや窮屈です。逆に、封筒型は手足を伸ばせてもかさばります。ちなみに、どちらの型も子ども用サイズがあります。夏用と3シーズン用がほとんどです。

 

 ただ、もし真夏や、特に盛夏の頃のキャンプなら、家で使っている毛布でOKです。一昔前のキャンプの寝具といえば、毛布だったほどです。