フライフィッシング,ファミリーキャンプ

フライフィッシングとは

フライフィッシングとは

 

フライフィッシングとは、釣り鉤(ばり)に鳥の羽などを巻いた擬似鉤を使って魚を釣ることをさします。日本でも歴史が古く、江戸時代の享保年間(1716〜36)の『釣魚秘伝・何羨録(かせんろく)』で、アユを釣る蚊鉤が紹介されています。また、ヤマメやイワナの渓流魚を釣るテンカラ釣りの擬似鉤もフライフィッシングと同じです。さらに、欧米から日本に入ってきたのは、竿とリールを使ってフライをかなり遠くまでキャストして釣る方法です。

 

フライフィッシングに向く魚は、ニジマス、イワナ、ヤマメ、ブラウントラウトなどで、海水魚だとイナダ、シイラ、カツオ、スズキ、サバなどの回遊性の強い魚を中心に、かなり広い範囲に及びます。その中でも最もフライフィッシングに向いているのは、淡水域ならサケ科の魚、海水域なら背の青い魚ともいえます。

 

フライには、大きく分けて2種類あります。水面に浮くドライ・フライと、沈むウェット・フライです。フライフィッシング専用の鉤に、いろいろな鳥の羽を主として、魚の好む水生昆虫、成虫に似せたフライのイミテーション・フライや、魚が好みそうなものを模索しながらつくったフライのファンシー・フライがあります。そして、それぞれのパターンには名前がつけられているのも特徴です。